2009年 09月 30日

RG50E!

以前息子の話を書いた時、バイクのエピソードを小さくカットで入れたらなぜかあの頃のことが相次いで思い出された。

スズキRG50E。 17歳の時、僕が初めて所有したバイク。 400ccにステップアップした友人が譲ってくれ、8000km走っているとは思えないほどキレイな状態でしっかり整備されていた。

とにかく初めてエンジンで動く乗り物に乗った時の感動のすごさは現在においても超えるものはない。
クラッチをつないでアクセルを回せば前に進む、変速してさらに加速する。 当然その前に乗っていたママチャリのスピードをあっさり凌駕する。 もうそれだけで楽しくて楽しくてしょうがない。

だんだん車体に体がなじんでくると、今度は遠くへいってみたい欲求が頭をもたげてくる。
b0038225_19501690.jpg

最高に印象的だったのが初夏の房総半島半周ツーリング。(半周ってところがいいですな) 
友達と4人で当時住んでいた千葉市を出発し、大網から白子、そして養老渓谷から東京湾に抜けて帰路をめざすというもの。

白子海岸ではカッコつけて砂浜に飛び出したら友達のハスラー50とぼくのRG50の後輪がアサリのようにみるみる砂中にもぐって動けなくなってしまった。

3人がかりで1台づつ引き上げた。 みんなゲラゲラ笑いながら無様に砂浜を脱出した。

いやー思い出すたびまわりの空気がキラキラしてたよ! 

RG…また乗りたくなってきた…。
[PR]

by to-shim3 | 2009-09-30 19:51 | バイク | Comments(0)


<< 勉強できる人のノート      すごいガレージ >>