2014年 05月 14日

GPX750R

b0038225_1212398.jpg


DTが人生で最高のバイクという位置は不動のものだけど、なんともわがままな話で、DTの「ピュンッ」という加速は好みだが、やはり大排気量車の「ズウォッ」という質量の密な加速が恋しくなってくる。

「CB750FC」がいいなーなんて思いながら、車両探し。 そんな中、近くのバイク屋のショウルームのすみっこに端坐していた「GPX」を発見!
Fと見比べるとかなりチビで、でも同じ排気量、遅いわけがないと、試乗を申し込んだら、セル一発、外見とは裏腹の凶暴な排気音! 気がついたら納車申し込んでた。

実際整備されて納車された時には、めっちゃジェントルな音になっていて、単に整備不良だったのかとがっくりしつつ、家路へ。 

久々のオンロード車。 引き締まったサスのおかげで、環八の内側をピシィーッと矢のように進んでいく。
その途中寄ったGSの兄ちゃんに、「おっ、カワサキの新しい400っすか!?」
小さいとは思ったけどやっぱりそう見えるかいーっ!


そして次の週末、久々に奥多摩に向かった。 

いやー楽しい。 楽しすぎるー! DTごめん! やっぱ舗装路いいわー! ノーマルとはいえ、4気筒エンジンの猛獣の雄叫びのような加速音はたまらない! そしてフル減速の時の吸気音! シフトを落とす度にこれまた猛獣がもがくような音!

奥多摩湖を通り過ぎ、甲府に抜けると、タイトなワインディングが終わり、開けた道路わきにぶどうや桃を売るお店が軒を並べている。 ここでまだ3歳の長女に果物を買い、さらにその先の酒屋で奥さんと同じマンションのママ友に「甲府ワイン」の赤と白を買って中央高速で一気に東京へ戻る。(この条件で月イチのツーリングの許可を取り付けた。 ちなみに箱根に行く際は干物)

DTは手元にあったんだけど、しばらくはルーティンワークで峠に通った。

今思えばDTのおかげかなぁ…CBRに乗ってた時、峠を走る時って変に神経がゾリゾリするのが付きまとったけれど、GPXは「お腹一杯峠を楽しんだ」と奥さんに報告するくらい心穏やかにコーナーリングを楽しめた。 多分DTとオフロードが確実な減速、進入、加速を身につけさせてくれたんだと思う。

b0038225_1214025.jpg

オフのモトパンにオンロードブーツ! 個人的に気温が高いときはこの出で立ちに限る!

b0038225_121537.jpg

b0038225_1215918.jpg

b0038225_122279.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-14 01:28 | バイク | Comments(2)
Commented by ごんぞう at 2014-05-15 23:25 x
いや、間違いなくオフロードを練習する事はオンロードに生きてくると思います!!

ホントに「あれ?なんか上手くなったかな」と思いますよね(^^

オンにはオンの。オフにはオフの楽しさがあるので、良いんじゃないでしょうか?

例によって・・・

私の“GP” 例のCR-Xとお揃いカラーにしたくてこの色を選びました。 更にもっと女々しい理由もあり(笑)

https://twitter.com/norihama/status/466946056639352832/photo/1

そして私の“ライムグリーン”

https://twitter.com/norihama/status/466947399194124288/photo/1
Commented by ごんぞう at 2014-05-15 23:28 x
GPZ乗ってた私は、GPX見た時「コンパクトでイイな~!」と思いましたね!


<< 静電気除去パッド      娘よ、その笑顔はどういう意味ですか? >>