目つきが悪い!

mejikara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 03日

外食

友人たち数人と供にファミレス行ったんだけど、注文聞きに来た女の子が開口一番、


「複数のお客様の場合、個別の会計はお断りしております」


この口上を言う度、客によっては文句をくらってたんだろうか、女の子は紋切り型かつ強気な物言いをしてきました。
経営者は会計時の店員の負担をおもんばかってこんなルールを思いついたんだろうか?
いずれにしてもこれを口火に、ゆるーく、くつろげない雰囲気が漂い始める。
程なくして女の子は、

「おまたせしました!」

とさっきとは打って変わり、満面の笑顔で注文の品をテーブルに置きました。

b0038225_23531857.jpg

ファミレスという「位置付け」は十分認識しているつもりだったけど、正直なところ先の「くつろげない」に「がっかり」が追加される。
以前別の店で「天丼」を注文した際、メインはまあ良しとして、二種類の「香の物」が小鉢のなかに投げつけられたように入っていて、見た目も汚く混ざってしまっていました。
たかが、と言われそうだが、では家庭であってもこんなレイアウトをされたらどうだろう?

「外食」にきているのです。

効率とか合理的なとかと言いたいんでしょうか?
少しずれた椀をバランスよく直す。 香の物を見栄え良く盛り付ける。
この作業にどれほどのロスが生じてるんでしょうか?
会計も「俺は客だぞ」などと上段から臨む気持ちはないけれど、お互い気持ちよく会計できるアイディアがあるんではないでしょうか。
ボックスについてそんな思いするくらいなら、コンビニのイートインでちゃっちゃと済ませちゃおうかって考えになっちゃいます。

「食い物の恨みは怖い」っていうけど、

「食い物を軽んじたしっぺ返しは怖い」と思いますよ。

美味しいものを気持ちよく配膳されて、口にして、心豊かにが、順当なのに、思い出すたびに残念な気分になるって。
厨房にいる人たちの表情も残念な方向でイメージが浮かぶ。

どっかの移転計画でも連日残念なニュースが続く…そこも「食」の根幹を担う所か。


[PR]

by to-shim3 | 2016-10-03 23:56 | 日記(不定期) | Comments(0)


<< 追いつめられて      RG50E!(その2) >>