目つきが悪い!

mejikara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 28日

さとうえりこさんさとがえり

アメリカ在住の佐藤さんが息子のマオ君と里帰り。
わざわざウチまで遊びにきてくれた。
東京にいた頃は頻繁に会っていたけど、アメリカに行ってからは年に一回会えるか会えないかになってしまった。
赤ちゃんの頃から知っているマオ君はとうとう私の身長をあっさり超えた。
15歳か…。
時の流れがどんどん速くなってくる。
それでも佐藤さんとマオ君の笑顔はいつまでも変わらない。
時間の流れに関してはちょっぴり寂しいけど、それ以外は最高にうれしい。
この感覚がずっと続くことを心から願う。(フフフ)
b0038225_18221586.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2011-12-28 18:27 | 日記(不定期) | Comments(2)
2011年 12月 20日

マメタン!

b0038225_2125542.jpg

30年前、(はー…)マンガ家のアシスタントとして上京し、動きゃいいからとバイクを探していたら、アシスタント仲間が新車を買うので名義変更をこちらがするということを条件にタダ!で譲ってもらったのが「マメタン」ことスズキOR50。
最初に乗ったRG50と同じエンジンが搭載されており、(若干出力のピークを低回転で発生するセッティングらしいが)アメリカンスタイルということでアップハンドルと幅広のシートのおかげで長時間乗っても疲れなかった。
そんなある日、(春ごろか)アシスタントを勤めていた先生の担当の編集者でKさんという人が、ヤマハのチャッピーという原付を所有しており、仕事中にバイク談義が弾み、それではツーリングにいってみようかということになった。
コースは、東京は田無(現在は西東京市)を早朝5時に出発し、川崎から当時運行していた東京湾フェリーで千葉県木更津市に渡り、鹿野山マザー牧場を目指すという行程だ。
行程は冷静で計画性のあるKさんのおかげで夜の7時頃には帰宅することができた。
印象的だったのが鹿野山のワインディング。 それも上りだ。 平地では元気良く走る2サイクルの原付だが、道の勾配がきつくなるほど重力がブレーキとなって速度をどんどん鈍らせてくる。
終いには1速でエンジンが吹けきり、2速の途中でエンジン回転が下がり、また1速に戻しの繰り返しで悲鳴にもにた排気音を上げる。
Kさんはどうしているだろうとバックミラーを覗くとかちかち山のタヌキのごとくKさんのチャッピーは高さ7~8 メートルの白い煙を上げながらワインディングをヨタヨタと走っている。 いったんバイクを停めて振り返ると道路と同じ曲がり方の煙が延々と続いていた。
こんな過酷な使用をしたにもかかわらず、殆どトラブルも無く、次の車両購入まで元気に走ってくれた。
[PR]

by to-shim3 | 2011-12-20 02:15 | バイク | Comments(0)
2011年 12月 17日

夫婦の会話(ミニスカサンタ編)

b0038225_1162019.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2011-12-17 11:08 | 日記(不定期) | Comments(4)
2011年 12月 15日

夫婦の会話

b0038225_0221830.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2011-12-15 00:24 | 日記(不定期) | Comments(2)
2011年 12月 10日

さる方への手紙

今年も早や12月。 年末から新年にむけて様々なイベントが行われるが、年内最大のそれといえば、あのトナカイが引くソリに搭乗している御仁の飛来であろう。
私は仏教徒であるがためこのイベントには参加しない立ち位置だが、さすがにあの2日間のシステムに心躍らせ、白髭をたくわえた好々爺の来訪を心から信じている子どもらの夢を崩壊させることはやはり出来はしない。
まあそんな時期もあっさり過ぎたわが子たちも「イブはギョーザパーティーしようよ」などと完全に本流から外れまくったコメントを言ってのけるようになった今日この頃。
毎年ぎりぎりに始めて中途半端に終わってしまう大掃除を完遂すべく、今から少しずつ始めようと書類棚を整理していたら、以下のような手紙が発見された。
内容からして長女小学3年の頃と思われる。
b0038225_12134772.jpg

b0038225_121572.jpg
①郵便番号だけである程度配達してくれるが、それ以前に国名の表記は、ちょっとアンタ…

b0038225_12185971.jpg
②すこしやる気を感じる。

b0038225_12211290.jpg
③軽くイラッとするのは私だけだろうか。



そして本文。
b0038225_12233695.jpg

b0038225_1236378.jpg
どんなピンク?

b0038225_12261442.jpg

「イッショーノオネガイシマス」
日本語学校に通って半年の学生さんか。 漢数字じゃねえし。
添えられたイラストに悪意すら感じる。 となりにいるのも、■んと君っぽいし。

この文面から本当にあの方の存在がそろそろ「違うな」と感づき始めている。
なにが「しんじてます。 おねがいします。」だっつーの。



くどいようだが仏教徒だけど、このイベントだけは、いいな。
[PR]

by to-shim3 | 2011-12-10 12:42 | 日記(不定期) | Comments(2)