目つきが悪い!

mejikara.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

カップ焼きそばの「湯切り」


申し訳ありません…次回は気を抜かずに湯切りして美味しく頂きたいと存じます…

b0038225_12263.jpg

b0038225_122944.jpg

b0038225_122239.jpg


結局冷凍ご飯、解凍して梅干でいただきました(泣)
[PR]

by to-shim3 | 2014-05-30 01:23 | 日記(不定期) | Comments(4)
2014年 05月 28日

過去…そして現在…

b0038225_9455061.jpg

b0038225_9455690.jpg


もちろん今が一番しあわせですよ…
[PR]

by to-shim3 | 2014-05-28 09:47 | まんが | Comments(0)
2014年 05月 27日

上海蟹餅

このおみやげ下さった方は誠意あるすばらしい方です!
尊敬する大好きな方です。 念のため。


b0038225_0213778.jpg

b0038225_0183999.jpg

b0038225_0182922.jpg



正直な話、「味」がありませんでした… 私だけ?
[PR]

by to-shim3 | 2014-05-27 00:22 | 日記(不定期) | Comments(3)
2014年 05月 23日

妻、タブレットにケンカ売る

息子(中2)の学習用タブレットが不具合起こして新品に交換になったんだけど、一切の設定したのは妻。
再設定にあたって、パスワード忘れてて、ヒントが出ても思い出せない。 次第にブチ切れだす妻。 

タブレットに向かって


「座右の銘? 知るかヴォケッ!」


タブレットに暴言吐き出したところで急につながった。

………


単純な「タイプミス」でした…。
b0038225_1803357.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-23 18:00 | 日記(不定期) | Comments(0)
2014年 05月 22日

妻の人生で「重機」が必要な事って…



b0038225_2253264.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-22 22:06 | 日記(不定期) | Comments(1)
2014年 05月 20日

交差点

b0038225_155577.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-20 01:56 | 日記(不定期) | Comments(6)
2014年 05月 15日

静電気除去パッド

b0038225_052124.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-15 00:06 | 日記(不定期) | Comments(2)
2014年 05月 14日

GPX750R

b0038225_1212398.jpg


DTが人生で最高のバイクという位置は不動のものだけど、なんともわがままな話で、DTの「ピュンッ」という加速は好みだが、やはり大排気量車の「ズウォッ」という質量の密な加速が恋しくなってくる。

「CB750FC」がいいなーなんて思いながら、車両探し。 そんな中、近くのバイク屋のショウルームのすみっこに端坐していた「GPX」を発見!
Fと見比べるとかなりチビで、でも同じ排気量、遅いわけがないと、試乗を申し込んだら、セル一発、外見とは裏腹の凶暴な排気音! 気がついたら納車申し込んでた。

実際整備されて納車された時には、めっちゃジェントルな音になっていて、単に整備不良だったのかとがっくりしつつ、家路へ。 

久々のオンロード車。 引き締まったサスのおかげで、環八の内側をピシィーッと矢のように進んでいく。
その途中寄ったGSの兄ちゃんに、「おっ、カワサキの新しい400っすか!?」
小さいとは思ったけどやっぱりそう見えるかいーっ!


そして次の週末、久々に奥多摩に向かった。 

いやー楽しい。 楽しすぎるー! DTごめん! やっぱ舗装路いいわー! ノーマルとはいえ、4気筒エンジンの猛獣の雄叫びのような加速音はたまらない! そしてフル減速の時の吸気音! シフトを落とす度にこれまた猛獣がもがくような音!

奥多摩湖を通り過ぎ、甲府に抜けると、タイトなワインディングが終わり、開けた道路わきにぶどうや桃を売るお店が軒を並べている。 ここでまだ3歳の長女に果物を買い、さらにその先の酒屋で奥さんと同じマンションのママ友に「甲府ワイン」の赤と白を買って中央高速で一気に東京へ戻る。(この条件で月イチのツーリングの許可を取り付けた。 ちなみに箱根に行く際は干物)

DTは手元にあったんだけど、しばらくはルーティンワークで峠に通った。

今思えばDTのおかげかなぁ…CBRに乗ってた時、峠を走る時って変に神経がゾリゾリするのが付きまとったけれど、GPXは「お腹一杯峠を楽しんだ」と奥さんに報告するくらい心穏やかにコーナーリングを楽しめた。 多分DTとオフロードが確実な減速、進入、加速を身につけさせてくれたんだと思う。

b0038225_1214025.jpg

オフのモトパンにオンロードブーツ! 個人的に気温が高いときはこの出で立ちに限る!

b0038225_121537.jpg

b0038225_1215918.jpg

b0038225_122279.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-14 01:28 | バイク | Comments(2)
2014年 05月 13日

娘よ、その笑顔はどういう意味ですか?

水川あさみのしずかちゃん素敵だね…
b0038225_041289.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2014-05-13 00:42 | 日記(不定期) | Comments(0)
2014年 05月 12日

息子の自転車旅行

b0038225_017451.jpg


息子が、世田谷からお台場まで、自転車での往復の許可を申し出てきた時、様々な感覚が心中に去来した。 

列挙すれば、男ならではの頼もしさ、巣立ちの片鱗を覗かせる寂しさ、万が一の事態に対する不安だ。

特に三番目においては、現実のものとなった時、最悪の事態であれば、これは親として最大の悪夢だ。

僕自身の少年時代、「一人っ子」のせいもあったであろう、交通事故に巻き込まれてはと両親は僕が自転車に乗ることを絶対に許さなかった。 周囲が自転車を所有する中、僕だけが遊び場から遊び場へ移動の際、自らの足で走ったり、荷台に乗せてもらったりした。 理不尽な思いで友達の背中に捉まった。

現在になって両親の気持ちが痛いほど解る。 責める気持ちなど微塵も無い。 むしろ感謝している。

しかし、そんなリスクを知った上で僕は行かせようと思った。 一個の人格を持った人間が、人によっては大した事に見えないかもしれないが、「やり遂げたい」という思いは手放しで尊重したいと思ったのだ。

とにかくあわてず、交通法規を守り、歩道においては加害者になる可能性を意識するようしつこく言い聞かせた。

早朝に出発後、一日中行程の安全を祈った。 断続的に訪れる不安に耐え続けた。



夕方、ポーカーフェイスを装いながら戻ってきた。 聞けば、やはり地図を携帯していても数え切れないほど道を間違えたそうだ。


疲れ果てて、早々に布団で寝息を立てる息子の顔がまた一段と大人びて見える。
幸運な結果であったからこそ、今息子が走った行程に思いを馳せている。
R246、環七、山手通り、レインボーブリッジ、そして東京湾… 息子の眼前にどう拡がり、そしてどういう感想をもったのだろう。 少なからず見知らぬ誰かのお世話にもなっているはずだ。

今改めて「親」なって良かったと思う。 誕生から幾度と無く訪れる不安と戦い、打ち勝ち、たとえようのない充実感と幸福感をもらってきた。

巣立ちの時もカウントダウンがリアルになってきた。 寂しいけどまだまだ「お楽しみ」は続く。
[PR]

by to-shim3 | 2014-05-12 00:20 | 日記(不定期) | Comments(4)