目つきが悪い!

mejikara.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 06日

自転車

努力が達成される瞬間というのは内容にもよるが、大体があっけない。
頑張っても頑張っても、目標に全く近づかずかないことにイライラして、泣いて、投げ出して、また挑戦して、もう駄目かと絶望に近いものが目の前をかすめる頃にフッ、と何かが降りてくる。

先週の土曜日までは「別に一生自転車に乗れなくても構わない」とひねくれた精神状態だったわが長男。 僕にせかされて、日曜の朝からまた進展のない練習を始めてすぐだった。

いままであざ笑うかのように自転車を右に左に地面に叩きつけていた重力のヤツらにかろうじて逆らって、長男の踏みおろすペダルがぐいっ、ぐいっとそれを前進させ、徐々に車速を上げてゆく。

あのときの彼の表情は一生忘れない。 人生始めて間もない彼の夢は僕にはわからないが、長い人生の道程には数え切れないほどの山や谷があるだろう。 しかし、だからこそ、それを越えて見えた絶景は無上の喜びとなり、さらに困難な目標へ向かう糧となるんだろう。

…親としてあんまりうれしかったから自転車に乗れたくらいでかなり大げさになっちゃった。
4月から小2だしな。保育園のとき年長で乗りこなしてた友達たくさんいたしな。やべーよやっぱ。
ま、とにかく乗れるようになってよかったよかった。 今週末は家族全員でツーリングだな。
b0038225_1584739.jpg

[PR]

by to-shim3 | 2008-02-06 01:59 | イラスト | Comments(2)
Commented by harumilk at 2008-02-07 17:20 x
おぉぉ〜〜〜☆⌒v⌒v⌒ヾ(*・∀・*)ノヒャッホーィ♪
長男くんおめでとう〜〜^^♪ 
よく頑張ったね〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
Commented by to-shim3 at 2008-02-09 06:31
harumilkさん、どもありがとうございます! このエピソードのあと、いきおいのついた彼は近所の公園へと繰り出し、偶然そこに来ていたクラスメートの女の子とランデブー走行してましたよ。 その様子を簡単に表現しますと、「すいっ、すいー」&「どへっ、どへっ、うわったった」でした。


<< 静電気      寝ない >>