目つきが悪い!

mejikara.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 21日

事故

b0038225_14415573.jpg


webのニュースで、小6の男の子が給食のパンをノドに詰まらせ亡くなったと報じられていた。
事件の詳細はわからないが、あわてて食べていたのだろうか。

僕が小学生だったころも給食時、昼休みの時間を少しでも捻出したいがために手でぎゅうぎゅうに押しつぶして丸薬のようになったパンを口に放り込み、副菜も流し込むように食べ、先生の怒声を背中に浴びながら運動場にとびだしてゆく友達がいた。 
当時、幸いにして事故がなかったから、平常心でそれを思い出せる。

今回の事故だって運が良かったら、先生にこっぴどく怒られるくらいで放課後を迎えられただろう。

正直な話、僕の長男(小2)とだぶる。  長男は食いしん坊であわてんぼうだ。 そんな長男は級友から聞く話だとしょっちゅうクラスの女子や先生に怒られているらしい…。 今はそんなよくあるエピソードで済んでいるが、長男の行動が事故に発展しないという保障はどこにもない。
僕にとって長女と同じくこの世で唯一無二のかけがえのない存在。 あらためて、一日一日を生き続けてと心の底から願う。

事故に際して適切に動いた先生やクラスメートたち、そして親御さんのショックと悲しみの大きさは想像できない…。    心からご冥福を祈ります。
[PR]

by to-shim3 | 2008-10-21 14:56 | 日記(不定期) | Comments(1)
Commented by enomushi at 2008-10-25 00:15
自分の子供時代や馬鹿やってた青春時代を思い起こすと、たまたまうまく死から逃れられていただけのような気がします。運が悪かったらボクもくだらない死に方してただろうなって思います。


<< enomusiさんへ      ふとんはオソロシイ >>